So-net無料ブログ作成

多摩川の野良ネコ EF200mm始動 [EOS-1D]

寒い土曜日でしたが、用事ついでに1DXに200ミリ付けて多摩川河川敷まで遠征

AF6Z0972_DxO.jpg
EOS-1DX EF200mmF2.8L(Trim)

オリジナルはこちら

AF6Z0972_DxO

丹下段平のような風貌で風格たっぷりのネコですが、

AF6Z0985_DxO

エサをくれるおばちゃんにみなすり寄っていきます

AF6Z0993_DxO

こいつは手前の小枝にピント持ってかれちゃいましたが、200ミリ単焦点いい感じです

AF6Z0965_DxO

現像はこれまで通りDxOですが、EF28-70やEF135を思い出すような描写なので、露出補正やビネッティング、レンズ歪みもオフにしています

AF6Z0963_DxO

フォーカスの速さ、正確さは、GH4と35-100もほぼ同等レベルですが、でてくる絵はやっぱり違いますね

AF6Z0976_DxO

1DXのセッティングは、最低シャッター速度を1/500秒にしたPモードで撮り始めたのですが、これだと絞りが開放に寄りになっちゃうので、途中からMモードに切り替え

親指AFボタンをサーボ-ワンショット切り替えにアサインしてるので、通常はサーボにしてピントを追い込みたいときだけ親指AFボタンにするほうが、1DXにはあってるような気がします

AF6Z0983_DxO

まだ、子猫もいるしもらったエサも強いやつがいるから野良の世界もたいへんでしょう

AF6Z0989_DxO

エサにはありついてても、この冬、急に冷え込んだから風邪ひいて鼻を垂らした後が汚くて弱ってそう

AF6Z0990_DxO

故タマミも、野良時代はこうやって暮らしてたのかな?

AF6Z0998_DxO

この兄弟は水道管のテープでじゃれてるのか?

AF6Z1004_DxO

ひもじくてかじってるのか?

AF6Z1009_DxO

春まではまだまだ長いから、まあ生き残っておくれ

AF6Z0987_DxO

川面の鳥に向けると200ミリだと望遠は弱い

AF6Z1012_DxO

流し撮りするほどロマンスカーは早くないし、

AF6Z0961_DxO

シャッター切ってる時以外は、手が冷たくてポケットに入れとかないとたまらんくらいの寒さで早々と撤収してきました

そんなわけで、登戸駅界隈を200ミリショット
AF6Z0952_DxO


ひさしぶりのフルサイズ望遠ですが、200ミリオンリーは割りきってつかえば迷いがなくていいものです

もっとも70-200をつかってたときも、70、135、200の3ポイントでだいたい撮ってましたから、交換レンズを持ち歩く労力さえ惜しまなければ、あとは135ミリがあれば24ミリから200ミリまで抑えることができます

AF6Z1018_DxO

それにしても1DXのサーボAFは、なんとなく安心感があるのと、

AF6Z0950_DxO

ミラーレスフォーサーズの100ミリとは実際の重さもでてくる絵の重量感も違います

AF6Z0947_DxO

もちろんスナップならフルサイズより小型軽量のGH4と35-100は抜群でしたが、それでも70-200を付けて振り回すよりはずっと軽快

AF6Z1021_DxO

たまに持ち出すぐらいなら、200ミリ単焦点はフットーワクよく歩き回れそうな気がしています

AF6Z1022_DxO

ISなしの望遠ですが、1DsⅢと違って躊躇なく高速シャッターを選べるところは、がんばって買い換えた価値があります


タグ:70-200mm
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0