So-net無料ブログ作成

EOS20D シグマ18-50mmの標準ズーム [EOS 20D]

室内用の常用レンズ選びのおそらく最終結果は、
シグマの最廉価ズーム 18-50mmF3.5-5.6DC

あれこれ迷った末の結論がコレ

250g。全長62mmと軽く、最短撮影25cmでマクロ倍率1:3.5
付属のフード付けるとカタログ写真よりずっとかっこいい感じ

20Dになってから、現物を見て、実際に20Dに装着して買ったレンズはこれがはじめてですが、今日、このレンズにいきつくまでの過程があるので簡単に・・・

新宿にでかけたついでに、マップカメラに立ち寄り、50mmをつけて持参していた20Dに、気になっていた中古のレンズをあれこれ装着してみました

・タムロンの90mmマクロ
・シグマの50mmマクロ
・シグマの70-300mmズーム
・シグマのF2.8の18-55mm
・シグマのF2.8-4の18-70mm
・キャノンの60mmマクロ

値段は、どれも2万円から3万8000円のあいだ
室内用のF2.8の広角EF24mmが、写りはよさそうなんだけど、普段用としては、いまいちピンとこないこともあって、場合によっては、さっさと手放して「つかえる」あるいは「その気になる」レンズを物色という作戦であります

にも、関わらずけっきょくは、Canonのセットレンズの対抗馬である実売15000円程度のシグマ18-55mmのF3.5-5.6DC。

理由は、単純明快。

上記の候補レンズ群に比べ、軽かったのと必要な画角がカバーされていること

そもそもは、このレンズは現物をみないままKissD時代のCanonのレンズの印象が強かったため、20Dには不釣合いだろうし、いまさら買うのならF2.8じゃないとな~と思い込んでいたのですが、実際に装着してみると、思いのほかかっこもよく、質感も好みなのが決め手となりました。もちろん、値段が安いということもあります。

ズームの方向がCanonとは逆なれど、安いなりにも、なんとなく渋さがある

マウント部はシルバー。このあたりがCanonと違う

しかも、付属のフードをつけると、レンズの伸縮がまったく見えないためインナーフォーカスのように見えたりするし、フォーカスリングはCanonより使いやすい(まあ実際手動フォーカスはつかわないだろけど)

フードをつけるとストロボがケラれるようだけど、ないとちょっと間抜け。

シルバーのKissDの頃も、専用フードももっていたけど、シグマと違いレンズの先(ただでさえ使いにくいフォーカスリングが、フードつけるとさらにつかえない・・・)だったりで、つけても恩恵はなかった

こっちはKissDとセットで手放した、20Dと18-55mm F3.5-5.6USMⅡと20D



話はもとに戻りますが、試着したレンズは、28-135mmのIS・USMと50mmF1.8をすでにもっている身としては、どれも「どうしてもほしい」という魅力に欠けた

まず、マクロレンズ
シグマの50mmF2.8は、おおっというほど近寄れて、さすがに等倍マクロ!と思ったものの、50mmは、「超軽い」散歩レンズのF1.8がある
室内でつかっても、開放だと深度がなくピントがどこにも合わないことが多いが、絞ればちゃんと使える
違いは、最短距離と重さ
シグマ50mmは、値段も「寄り」も魅力的だが、50mmF1.8Ⅱを打ち負かすことができなかった
そもそも、いままでも、これからもマクロで花や虫を撮るという欲求がないためである
いざというときは、クローズアップフィルターやGRDigitalがあるし、そもそも、自分の場合は、どうせマクロで撮るなら、本業?のHDVのほうが断然面白いという気持ちがある

・・・というわけで同じ理由でタムロンの90mmも90mmのF2.8という魅力は残るものの、当面はパス



次は300mm望遠兼1:2マクロのシグマ
実は、前日に動物園にいって28-135mmの望遠側の不足を痛感したので、やはり気になる一本だったが、300mmは荷が重い

しかも、腐ってもCanon純正機能てんこ盛りの28-135mm
リングUSMのフォーカスの速さ、フルタイムマニュアル、レンズ内手ブレ補正を超える写真を撮る自信がない

動物園っていうのは、以前からたまにビデオカメラで撮影してきたが、そもそも500mm程度でも十分とはいえないし、いまのHDVは750mm相当で感度も高く、手ブレ補正がつく

また、高倍率ズームは手持ちではきびしいだろうし、ブレやピントもシビアだろう
デジタル写真で800万画素なので、135mmで、ちゃんとブレなくピンがきた写真をトリミングすれば、300mmで撮ったものより失敗が少ないことも確か

この写真はかなりトリミングしてますが、ビデオ素材やプリントにしても自分には十分
もし、このままの画角で撮るとしたら300mmズームじゃ足りないはず
オセロット(ズーラシア)

こっちが撮影オリジナルの画角

まあ、300mmでズバっと決まった写真を撮る快感や満足感はあるに違いないけど、これでも135mmのF5.6開放で感度800で1/30秒です。手ブレ補正がなかったらもっとブレていたはず

・・というわけで、シグマAPO70-300mmズームマクロは、いずれ余力のあるときにということでパスしました。
どうせ買うなら、F値の明るい手ブレ補正の単焦点にすると思うが、いかんせん使用頻度を考えると高い



最後に、全域F2.8の18-50mmのシグマのズーム
値段は、ちょっと張るが24mmF2.8を元手にすれば、さほど無理はない
表面の処理や、作りも形もよいし、写りもズームとしてはよさそうな感じだったこともあって、試着ついでに値段の変わらない新品もあったためホントに買いそうになった

けっきょく、買わなかったのは、いま、家で普通につかうレンズとしてはもったいない
18mmから50mmまでF2.8というのは、家で撮影するには間違いなく使いやすい
感度を押さえてシャッター速度を保てるという大玉レンズはいいに違いないが、やはり少し「重くてでかい」のである

50mmなら、やや使いこなしに難はあるものの、F1.8からの130gレンズがあるし、24mmのF2.8がいまいち使い手がよくないことを考えると、室内での広角側の2.8というのも、あまり魅力がない
感度を1段あげれば、18mm画角ならF3.5でとりあえず被写体ブレは押さえられるという経験値がある

シャープさを求めれば、一段しぼったほうがいいのは、だんだんわかってきたけど、家で撮るものは、こどもや、こども絵や作品・・・ときに、料理や雑貨などである

そうして考えると、そもそも室内用としては、さほど画質を求めるわけでもなし、ISO800の画質でも十分である

ちなみに16-70mmのF2.8-4は、50mmあたりからF3.5まで暗くなることからパスでした。
どうせ買うなら50mm以上でF2.8はほしい



まとめ
シグマの標準ズームのF2.8
もし自分が、GRDigitalをもっていなかったら、たぶん間違いなく買っていたと思う。
自分の場合、日中屋外の広角なら、20Dの出番はそもそも、ニーズがないのである

20Dの広角で本領を発揮するとすれば、手持ちの夜景撮影

シグマのF2.8でも、明るい分だけ効果は期待できるけど、夜景を撮るのなら、どうせならCanonの17-55mmF2.8ISが本命

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef_s/ef_s17_55_f28/index.html
こいつになると室内用じゃなくて、夜景、イベント用としての本命レンズ。これならでかくても気にならない

やっぱり、Canonの超音波モーターの静かさとフォーカスの速さ、フルタイムマニュアルフォーカスの魅力には効し難い

最後まで惹かれたのもEF-SのF2.860mmマクロUSM

http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef_s/ef_s60_f28/index.html
試着すると、USMは気持ちよいし、明るいしマクロも寄れる
中古38000円。100mm相当でスナップにもきっと使いやすいが、やっぱりここで出費は押さえ、いずれ大本命の17-55mmのISレンズとしたい

というようなわけで、とりあえずは、18-50mmに決まったというお話にて
ちょっと撮影してだけですが、KissD時代のように、気軽るにつかえるズームは、なんとなく新鮮

なお、近接撮影はこの程度
SIGMA_18-55mmF3.5-5.6

マニュアルフォーカス・50mmで絞り開放

これくらい撮れればブログやホームページ素材にもつかいやすいので合格



さて、室内用に調達したはずの、EF24mmの単焦点の行方
まだ、ほとんどつかっていないが室内での撮影
2007_0211_230656
この画は今回のズームレンズでは出せまい・・・とは思うものの、当面は、室内用ではなく、28-135mmでカバーできない範囲の単焦点として、28-135mmを持ち出すときのサブにつかう予定
実際、GRデジタルがカラーでは使えない夜間では、28mm画角は、相当に狭かった

それと、20Dボディだけのバッグを入れられるようにロープロ(スリップロックポーチ50AW)のバッグを調達したこともあって、レンズを別にして、カバンに入るので、どこにでももっていけ20Dに機動力がでる
24mm単焦点の写りがどれくらいのものか試してみたい
http://www.hakubaphoto.co.jp/lowepro/product/accessories/modulercomponents.html#195259

こんな感じで携行できる・・かな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0